--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.17

クロッキー

いきなりですが。絵は別に手だけで描くものではありません。

絵というものは、眼と脳と手、すべて使わなければなりません。

眼で見て、脳で捉えて、手で覚えるのですが、この一連の作業の練習に良いのが「クロッキー」というものです。

「クロッキー」とは「速写」というもので、言葉のとおり「速く描く」練習法です。
デッサンが一枚の絵を数時間かけて、じっくり立体感や質感をつけて仕上げるのに対し、クロッキーは数分から数秒で描きます。
当然じっくり描いてなんかいられません。立体感もつけられません。
一瞬で見て、把握して、描く、これをすごいスピードでこなす練習がクロッキーです。

クロッキーはとても簡単です。
まず大きめのクロッキー帳(ぺらぺらの安いやつでOK)と2Bくらいの濃い鉛筆か、マジックを用意します。消しゴムは要りません。
友達でも家族でもいいので、モデルをお願いしましょう。
最初は15分くらいのタイマーをセットし、15分でモデルを描きます。このとき、頭からじっくり描いていくのでは間に合いません。
顔や指などの細部も後回しです。とにかく、全身の構造をぱっと見てとらえて、全体を描くことを重視してください。
消しゴムは使いません。一発勝負です。
それを、10分、7分、5分と短くしてゆきます。最終的には1分〜30秒単位でどんどん友達にポーズを変えてもらい、すごいスピードで描き殴ってゆくのです。
ものすごい集中力がいります。これが眼と脳と手を鍛えます。

なお、モデルになってくれる人がいない場合、スポーツ番組の録画を一時停止してスポーツ選手をモデルに描くような人もいるようです。一時停止せずに動く選手をそのまま描く人もいます。私はできませんが・・・。
ネットではポーズマニアックスのようなページもあります。

が、私はできれば実際の人間を描くのが一番いいと思います。
やっぱりいくら立体的でも、画面は画面、二次元なんです。
私もポーズマニアックスを見て練習したことがありますが、どうしても、何か空間が掴みきれない、もどかしさのようなものを感じました。
人間は三次元の世界で生きています。三次元の人間を見て描く方が空間把握の力がつくと思います。

クロッキーは漫画には有効な練習方法だと思います。モデルになってくれた友達にはアイスでも奢っておきましょう。漫画家志望仲間なら交代でやりましょう。

そして、クロッキーをやりながら、うまくかけなかった、なんかごまかしちゃった、どうなってるかわからなかった部分について、人体の本で調べておきましょう。
ここはこういう関節だからこうなったのか、とか、ここにこういう骨があるから、ここがでっぱっていたのか、ということですね。
あとから「おさらい」として、そこだけじっくり納得ゆくまで描いてみてもいいと思います。クロッキーではなくデッサンに立ち返ってもいいでしょう。

※実際にやってみたのが、こちらの記事。


追記:目クロッキー

さて、上記のとおりとても素敵な練習方法、クロッキーですが、いくら手軽にできるとはいえ、本当にいつでもどこでもやるわけには行きません。

授業中や仕事中にクロッキー帳を取り出すわけにもいきませんし、電車や街中でいきなり他人を描き出したら、勝手にモデルにされた人とトラブルになることもあるかもしれません。
でも、街中や電車で人を見ていたら、クロッキーしたいと思うことが多いと思います。(たまに本当にやっている人もいますが…)

そんなときにオススメなのが目クロッキーです。
やり方は簡単というかそのままですが、目で見ながら、脳内だけでクロッキーをやるのです。仮想クロッキーです。
これだけでも、上記の「目で視て、脳で捉えて、手で描く」うち、手で描く以外の部分を鍛えることができます。
できれば、あとで絵を描ける状況になったら、記憶を頼りに紙に描いてみるといいでしょう。

記憶は繰り返し思い出すことで定着しますので、目で視て、脳内で捉えて描き、さらにあとで手で紙に描くことによって、より確実に蓄積されると思います。
これで、いつでもどこでも、クロッキーし放題です。

ただし、特に男性は、不審者に間違われないようにだけ注意してください。女性や子供を凝視していると、よからぬ誤解を受けることもあるかもしれませんから・・・。


■クロッキー本のおすすめ

クロッキーはデッサンほど本が出ているわけではありませんが、こういう本があったので購入してみました。


この本の何が気に入って買ったかというと、
・漫画用のクロッキー本である
美術ではなく、漫画を前提としているので使いやすい

・曲線で描くことを徹底していて、人物の動きが固くなる人に向いている
中を見ればわかるんですが、この本の目的はとにかく「曲線で描くこと」
それだけに特化してるんじゃってくらいです。
なので、細かいクロッキーのやり方とか、体のバランスのとり方とかを知りたい人には向かないかもしれません。
私は線や動きが固くなると昔から言われ続けているので、そういう人には見ているだけでなんとなく、やわらかく描く感じが感覚的にわかってゆくので、良いと思います。


スポンサーサイト
Posted at 20:45 | クロッキー | TB(0) |
2012.01.06

もろもろとクロッキー

めっきり更新できなくてすみません。


 


江口寿史先生が「毎朝5分、写真をみてクロッキー練習するとよい」というようなことをおっしゃっていたので、毎朝ではないですが、ふとクロッキーをやってみました。


このブログは私の絵はまったく載せていませんが、それは一応身バレを懸念してのことです。別に有名人とかではもちろんないですが、それでも某SNSのフォロワーが万単位でいるもので、どっかからバレたらなんかヤだなっていうくらいのことです(有名絵師とかではないです念のため)。


クロッキーならば絵柄も何もあったもんじゃないので、さっき描いたものを載せてみます。


 


まず、使うのは安いスケッチブックと、家のどっかに転がってるようなマジックです。スケッチブックは、鉛筆を使うのならば、もっと安いペラペラのやつでもいいと思います(コピー用紙でもチラ裏でもいい)。私はマジックを使うので、裏写りしない程度に紙が厚い物にしています。


デジタルでやってもかまわないと思う・・・んですが、私はクロッキーはどうもデジタルはうまくいかないです。


モデルも本当は実際の人間がいいのですが、モデルになってくれそうな人に拒否られたので、モデルは著作権フリーの素材サイトさまを使用させてもらいました。(著作権フリーのところを選んだのは、このブログに載せるためです。普段の自分の練習だけなら、著作権とか一切気にしなくていいです)



 


で、まずは5〜7分ほどかけて、普通に描きます。


もちろん、下書きや修正はナシですよ。マジックで一発勝負です。


お姉さんは手が怪しいことになっています。本当は全身描くものなんですが、写真がこういう構図だったので、やむなく描けるところまで。


セミドンはこういう構図の写真が本当にあったので・・・。なんでしょうねこれ。これは男性の下半身が大きくなってしまっています。自分が描く部分しか見ず、全体のバランスを考えないで描くとこういうことに。


カップルが抱き合ってる構図は完全に失敗。男性の右手が長すぎておかしなことに・・・。



クロッキーをやると、「その物体が基本的にはどういう立体で構成されていて、それぞれどういう状況(角度や向き)にあるか」と「それを表現するためのポイント」を把握しながら描くということを再認識できますね。


たとえば「頭頂部」がを最初に決めれば、「頭の向き」が決まります。「耳」を書けば「顔の側面部がどこか」決まるので「顔の向き」も決まります。


首から肩のライン、腕・足の各関節の位置など、人体を描くのに押さえなければならないポイントは多数ありますが、短い時間でクロッキーしますと、「最低限絶対押さえなければならないポイントだけを、効率的に・正確に押さえていく」ということをしなければなりません。


その訓練にクロッキーもってこいです。


で、さらに時間を短くしていきます。



2分て書いてるけど、3分くらいだったかも。だいぶん線が省略されています。この絵のポイントは多分靴下と靴。これを最低限でも押さえておくと、足がどっちを向いているのかわかる。


 



1分。最後までかけてない。ちょっとこれはひどいですね。失敗。集中力不足です。



30秒。すでに印象だけみたいな感じに。


1分以下になると、全体のバランスとポイントを一瞬で把握しつつ、同時進行で手を動かし・・・ということをしないと、何も描けません。


その練習をやると、自然に人体を描くポイントも身についてゆくと思います。時間もかからないし、いい練習方法ですよ。


 


私の場合、毎日描くというような方法ではなく、上記のように一気に連続して描きながら鍛えるというやり方です。毎日ってやったことがないけれど、どうなんだろう。私はある程度枚数を連続して描いた方が身につくと思うのですが・・。あ、毎日連続して枚数を描けばいいのか。


こうやって並べると自分の欠点もよくわかりますね。下半身がぜんぶ大きい。腕の肘以降が長い。


 


あと、「目で形だけを追う描き方」にはならない方がいいと思います。それだと、「お手本を目トレスしているだけ」になってしまいます。


絶対ダメとか、無駄とかではないのですが、そればっかりだと「自分で考えて描く」力はつきにくいと思います。


上記のように、人体の構成や、各パーツの向きなど、「ポイントがどこか見定める」「ポイントを押さえる」「全体のバランスを考える」というように、「目だけではなく頭をつかって」描くようにしてください


そして、あくまで漫画絵を描くための練習なんですから、漫画絵を描くときにも、クロッキーの感覚を思い出して、関連づけて描くように意識してください。


こういう「意識」ってけっこう大事です。せっかく練習するんですから、最大限活かしていきましょう。


クロッキーについておまけ↓


http://blog.goo.ne.jp/manga_michi/e/e4f98b6ca9245b4f4436dbec0003dca4 


 


 


そういや、ちょっと前にまたアクセスがはねあがっていたので、なぜか調べてみたら、新人漫画家さんにツイートされていたようです。


このブログのアドレスで検索すると、ブログやツイートなどで触れてくれている人がたまにいます。なにせ私はそもそも漫画家になれていない人間なので、書いていることがどれくらい実態に沿っている内容なのか、やや不安なのですが、だいたい、プロデビューしているレベルの人には好意的に紹介されていることが多いので、そうデタラメでもないようです。よかったよかった。


あと、30代の漫画家志望者の掲示板にはられてた・・・。まあ、そこでも触れられていましたが、申し訳ないですが、30代の志望者の方に参考になるような内容は、このブログにはないです・・・。


このブログはもともと、質問サイトで「漫画家になるから」と安易にリスクの高い進路(主には専門学校・・・)を選ぼうとしている学生さんたちに、「それ、リスク高いから!」ということを言うために作成しました。毎回同じことを回答していたので、ブログにしてそこに飛ばすようにしたわけです。


そのついでで、自分がわかる範囲のことを書いているので、基本的には「今から進路を選ぶことができる人向け」なんですよね。進路を選ぶ段階で、考えなければならないこと、やっておかなければならないことなど、「大人になる前に」やった方がいいことを中心に書いています。


これは私が大人になってから漫画家を目指して、いろいろ大変だったからです・・・。同じ失敗をしてほしくないので。ほんっと早いうちですよ。ほんと・・・。


30代は大人です。漫画の描き方などについても、私がここに書いているレベルのことはすべてご存知のはずですし、進路関係ももう関係ないですしね。大人の人生にあれこれ言えるのは、家族や恋人、親友など本当に親しい人だけですね。


Posted at 23:35 | クロッキー | TB(0) |
2011.03.17

クロッキーおまけ

 


 


 


私じつは、先の記事江口先生の記事をよく読む前に書いてしまったので、今改めてちゃんとよむと、私が書いていることと江口先生の書いていらっしゃることにずいぶん違いがありました。(だから人の話をちゃんと聞かないで動くから・・・・・)


 


江口先生は、単なるクロッキーの次の段階のことを書かれていらっしゃいますね。


私が「クロッキーをしたあと、漫画絵に適用させるように考えて」みたいなことを書いたと思いますが、江口先生は「頭の中で自分の絵に翻訳しながら描く」というようなことを書いてらっしゃいます。


最初から、自分の漫画絵の絵柄でクロッキーをするということですね。


たしかにそれができたら、二段階に分けず、一段階で一気に練習できるので良いと思います。難しいとは思いますが・・・。


私は前に書いたような理由で、自分の絵柄をここで晒したくないので、自分絵柄では描いたものは載せないですが、それにしてもクロッキー楽しい。


江口先生のおすすめボールペンも買ってみたのですが、私の筆圧が弱すぎてあいませんでした。私はPIGMA0.3(たしか150円くらい今は増税でどうなってるかしらん)が一番あいます。


ただ、練習としては、やっぱりマジックの方が上達するかもしれない。細いペンの方が上手に見えるんですよ。言い換えればごまかせてしまうので。江口先生の書いていらっしゃる「自分の絵柄に翻訳しながら」はマジックは無理ですが、純粋に人体を描く練習をする場合はマジックの方がいいかも。


↓だいたい2〜5分くらいで描きます。漫画を描いたことがある方ならわかると思いますが、最初に漫画を描いて感じるのは、意外と「普通に歩いたりたったりしているだけの何気ないポーズがかなり難しい」ということ。なので、そういうものを中心に。






 




 


 


 



 


ところで、モデルになるいい写真などがなかなかなくて、仕方なく自分をセルフタイマーで撮って描いたりもしたのですが、それをやってみて、あらためて感じたこととしては、モデルが悪いと描く気がしない。


これも、江口先生が書いていらっしゃったことですが、やっぱり「描きたいと思えるようなもの」を描くのが大事ですね。


何が悲しくて自分の太い足や不細工な顔を5分も凝視しなければならないのか。ドMか相当のナルシストでない限りただの苦行です。


あと、私は以前からポーズマニアックスをつかっての練習が苦手で、あっというまにやめてしまったのですが、その理由もあらためてわかりました。


やっぱり私は人間を描くのが好きです。あの3D人形さんたちはべっぴんだしイケメンですが、人間がいいです。人間描きたい。なので、クロッキーなどを練習するなら、人間を描くことになると思います。


みなさんも、基本は「自分が描きたいもの」を中心に練習するといいと思います。練習だって楽しくないと続かないし。


 


 


とはいえ、漫画家になるなら苦手なものも描かないわけにはいかないのですが・・・。


苦手なものを描くコツは、背景のところにも書いたとおり「描こうとするものを好きになる」ことだと思いますので、これは逆説的な話になるかもしれませんが、「描いているうちに愛着わいて好きになる、好きになるからたくさん描く」というようなループが生まれると良いと思います。


絵を描く人というのは、世の中のいろいろなものが美しくみえているようで、美男美女も描いてはいますが、それよりは何気ない街角だとか、働くおっちゃんおばちゃんとか、鮭いっぴきとか、そういういわゆる「絵になる風景」以外のものも、たくさん絵にしています。


なので、そういう万物を美しいと思えるような目を持つことも、絵を描く人には必要なものなのかもしれませんね。


これはデッサンをいやというほどやっていたら、自然に身につくかも・・・。受験などでアホほどデッサンしていると、しばらく世の中のすべてがデッサンに見えますからね・・・・。すべての色彩と陰影を、鉛筆ならどう表すか、というのを常に目から直接脳内変換している状態に・・・・。それがいい状態なのかはわからないですけど・・・。


 


Posted at 10:54 | クロッキー | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。