--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.06

高校を卒業するときの進路

高校を卒業するときの進路選びですが、ここでとる進路は将来にダイレクトにかかわってきます。

そういう大事な進路選びにおいて、高校を卒業する時点で、一度も漫画を描きあげたことがない、あるいはちょっと描いたことはあるけど、投稿や持込はやったことがない人。

そういう人は、とりあえず「漫画家になれなくても生きていける進路」をとってください。
はっきり言いますと、以下のような進路はとらないでください。

1.フリーター・ニート・家事手伝い
2.漫画・イラスト関連の専門学校


上記の選択肢は、漫画家になれなかったとき、かなりの確率でまともに就職できない進路です。人生詰みかねません。

漫画一本に絞るような進路は、少なくともデビューくらいはしていないとかなり危険です。
デビューどころか、18歳にもなって漫画を描いたこともない「論外」レベルの人は、少なくともその時点では、漫画家になれる可能性はかなり低いので、ちゃんと就職できる進路を選んでください。

なぜ漫画家になれる可能性が低いというかと、まあ・・・ここまで読んできてくださっているなら、今さらですが。

1.「漫画の投稿」だけなら、独学でできることです。実際小学生でもやっています。
これを18歳までできなかった・やらなかったということは、そもそもやる気がない可能性が高いです。

2.漫画を描いたこともなければ、そもそも本当に「漫画を描く」ことができるのか?という、これも最低限な能力の判断すらできません。
ちなみに自称漫画家志望の多くが一作の漫画も仕上げることができないまま漫画家の道を諦めます。

最低限のやる気もなく、能力はまったく未知数。

こんな状況で、18歳という年齢から何の保険もかけずに目指すには、漫画家はあまりに困難な職業です。
そこそこの能力がある人だって、ほとんどが漫画家として生きてはいけないんですから。

就職しなくても一生遊んで生きていけるような身分なら別ですが、そうでない人は、漫画家になれない可能性も十分に考えて就職できるような進路をとりましょう。
ちゃんと受験してそこそこ学歴になるような大学なり、専門でももう少し現実的な就職ができる専門学校など。
漫画以外の理由で進学できない人の場合は、ちゃんと就職しましょう。

漫画家をあきらめる必要はありません。両立して努力してください。
そして、デビューなり連載がとれるなり、それなりの実績をつくってから、漫画一本に絞ってください。
その程度の努力ができないというなら、やっぱり漫画家は無理です。おとなしく諦めて堅実に生きてください。


なお、フリーターはともかく、漫画の専門学校ならいいんじゃないの?と思っている人がもしいたら、すぐに考えを改めてください。
くわしくは、漫画専門学校のところを読んでください。個人的にはフリーターの方が学費がかからないだけマシだと思います。

なぜ厳しめに書くかというと、今まで何も自分でやってこなかったような、努力できない人に限って、こういうリスクの高い道を選ぼうとするからです。難しい勉強も、デッサンの練習も、就職活動もいらない「楽」な道ですからね。
努力しない人が、努力しなくていい「楽」な道を選ぶ。当然といえば当然の選択です。

何もしたことがないからこそ、「やれば自分はできるはず」なんて痛々しい思い込みをしてしまっている可能性も高いです。
やればできる人は、こんな年齢になる前にとっくにやっています。

楽な道を選んで、最後まで楽に生きられたらいいですが、残念ながらそうではありません。ゲームだって楽な道は罠でしょう?
今の日本は努力が必ず報われるような社会ではありませんが、かといって努力を避けて生きる人にはそれなりの末路しかありません。
生活保護やホームレスにまで堕ちる可能性だって十分にあるのです。

漫画を嫌なことから逃げる口実に使わないでください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。