--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.05

うらみがあるわけじゃないですが

私が妙に専門学校を毛嫌いする理由のひとつに最近思い当たったのですが、それはこういった専門ビジネスが事実上「弱者ビジネス」の側面を持つからだと思います。


この記事の6番に書いたとおり、勉強ができる子、真剣に漫画家に向かって努力している子は、こういう学校を選ぶことは少ないです。


また、自身が高学歴だったり高収入だったりして、学歴の大切さや仕事を得る大変さを知っている親も、子供をこういう学校にやらせることは、めったにないと思います。


つまり、大変失礼な言い草になるのを承知で言っちゃいますが・・・、


こういう学校に入ってしまうのは「勉強もできず、自分の夢のための努力もできず、進路について真剣に調べることすらできない、自分ではほとんど何もできず判断力もない子


こういう学校に子供を入れてしまうのは「低学歴・低収入で、学歴の大切さも仕事を得る大変さもあまりわからず、子供の進路を真剣に考えたり調べたりすることもできない、経済力も判断力もない親


もちろん例外はあるでしょうが、正直、上記のような親子が犠牲になってしまうケースが多いのでは・・・と思います。これはあくまで推測です。データに基づいたものではありません。


でも、某質問サイトでも、漫画専門学校を検討している子、入ってしまってから後悔している子の多くが上記に当てはまります。


漫画の専門学校は上記のような無力な親子を狙っているとしか思えません。


ある専門学校は学費を調べようとすると、いきなりローンのページにとびました。「お金がない?大丈夫!ローンもあります!」というわけです。こういう学校を検討する家庭の多くが裕福でないことを知っているのでしょう。


でも、経済力も判断力も実力もない子供が、借金を負ってそんな学校に進んでしまったら・・・どうしようもないじゃないですか。莫大な学費と使えない学歴、つぶされる就職・・・。


最近は奨学金をかえせなくて自己破産するニュースもありました。奨学金は借金です。確実に就職できるような学校のためにしか、奨学金なんて借りちゃいけないんです。


親も無力なら、子供を助けてやれません。むしろ子供が就職して親を助けないといけなかった家庭の子だっています。そんな子を、そんな学校にやらせたら家庭崩壊します。


多少でも漫画業界のことがわかる人間なら、上記のようなことは絶対わかります。学校の経営陣はわかっていてやっているんです。


そりゃ、詐欺とまではいいませんよ。専門学校だって別に「必ず漫画家になれる」と確約しているわけではないですし、実際になれる人も数人ですがいます。約束したカリキュラムはちゃんとこなすのでしょうし。それに対してお金を払うかどうかは生徒側の自己責任です。


でも、多少なりとも子供の将来を真面目に考えている大人なら、絶対にやらないことであるのは、間違いないです・・・。(なお、私がここで非難したいのはあくまで経営陣です。講師職員の皆さんを攻撃するつもりはありません。現場の方はおそらく少しでも学生の方の役に立つ内容をと日々苦心されているものと信じています)


社会的弱者につけこみ、子供の夢につけこみ、その子の夢どころか人生を壊してしまう・・・そこが私がこういう学校を嫌う一番の理由かもしれません。


別に親が低学歴だとか貧乏だとか、本人の勉強ができないだとか、そういうことが悪いといってるわけじゃないです。そんなことは漫画家になるにあたってはどうでもいいのです。関係ないのです。問題はそういう資質を持った親子だと、情報力・思考力・判断力もないことが多く、さらにだまされたとき人生のリカバリができないことです。お金持ちと違い取り返しがつかないのです。


だから、別に金持ちにならなくていいし、成績もあげなくていいので、情報を集めてください。ちゃんと考えてください。判断できる力を培ってください。現実を見てください。


とにかく漫画を描いて持ち込んでください。


あなたがちゃんと日ごろ漫画を描いていれば、漫画について勉強していれば、本気で漫画家になるための情報を集めていれば、ちゃんと物事を考えていれば、自分でちゃんと判断できるはずです。一年二年ちょこちょこ学校に数時間通っただけで、プロになれるような仕事じゃないことくらいわかるはずです。講義で教えられることなんて本当に一部でしかないことや、その一部はネットや本で数千円程度で学べることであることも。多くの漫画家は専門学校など出ていないことも。


どこの誰とも知れぬ他人が用意した甘い道にだまされないでください。他力本願しないでください。


今この瞬間にも、あなたが漫画を描いている人なら、専門学校なんか行かなくても自分で道を拓けます。数百万のお金を捨てることはありません。


今この瞬間まで、あなたが漫画を描いていない人なら・・・・少なくとも、「専門学校に行けば道が拓ける」ことはありません。そういう場所じゃないんです。


何もしていない人が、「学校にさえ行けば何か素敵なことがある」と思うのは、「努力できない人の現実逃避の妄想」です。


弱者ビジネスの犠牲にならないでください。つけこまれないでください。大人を信用しすぎないでください。


2015.2.28


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。