--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.13

コミック系の絵は独学が基本

いつもの質問サイトで回答しているうちに、なんとなく自分で考えがまとまったので記事にしてみます。
(毎回同じ回答を書くのに飽きたというのもある)

漫画家やイラストレーター(コミック系)になるために、美大や専門学校に行きたいという人をちらほら見ますが、美大や専門学校の記事に詳しく書いたとおり、「漫画系の絵を上達させるため」という意味なら、あまり意味はありません。

まず、美大では漫画絵の勉強自体ほとんどやりません。カリキュラムにないです。美大の記事でも書いたとおり。
では、カリキュラムに漫画絵が入っているような、漫画やイラスト関係の学科や専門学校なら良いのかというと、それも違うと思います。
そういった学科や専門学校がいかにムダでリスクが高いかというのは、専門学校の記事で詳しく書いていますので、そこはもういいとして、この記事で書きたいのは、そもそも漫画系の絵は、ある程度以上は学校で教わって上達するのものではない、という話です。

漫画っぽい絵というのは、

「基礎的なデッサン」
    +
「デフォルメのセンス」
    +
「ポージング・構図・色彩のセンス」
    +
「表情などの表現力」


だいたいこういったもので出来上がっています。

このうち、学校で教わって上達するのは「基礎的なデッサン」くらいだと思います。
私が「ある程度以上は」と書いた、その「ある程度」というのがデッサンなんですね。
そのデッサンを学びたいなら、美大や専門学校ではなく、美大予備校に通うのが一番確実で安いです。
(美大のところに書きましたが、そもそもデッサンができないと美大合格はできない。専門ではデッサンは授業のごく一部でしかなく、まったく足りない)

また、デッサンの延長線上で考えていいと思いますが、クロッキーも人に習うのは悪くないと思います。
クロッキーは美大用予備校ではあまりやりません。なので、クロッキーを習いたい場合は街のカルチャー教室とか、そういう場所を探すことになるでしょう。
学生さんなら、学校の美術の先生に教わるので十分です。

しかし、残りの「デフォルメセンス」「ポージング・構図・色彩のセンス」「表情などの表現力」については、学校で効率的に教われるものではないです。

まず、「センス」=感覚であるように、そもそも人から教わって身につくものではない、というのが一つ。感覚なんて学校で勉強してどうにかなるものじゃない。
素晴らしいセンスの講師がいて、かつ教え方もとても上手だったとしても、学校で全員座って同じ授業を受ければ、できあがるのはその講師の劣化コピーです。それでは意味がありません。

なお、決して生まれつきのものだから努力では身につかないということではありません。もし身に着ける方法があるとしたら、数多くの優れた作品に触れ、自分で研究し、吸収し、自分の中でアレンジして、自分の個性として育てていくということになると思います。
デフォルメについても、あるいはポージングや色彩についても、今はネットでも本でも、いろいろなところでセンスの良い人が自分なりのコツなどを教えてくれています。
一人の講師だけを真似ても劣化コピーですが、複数の情報を自分なりに取り入れていけば、それは自分のものになります。
方法があるとしたら、そういうものしかないと思います。

もし学校に、そういったことを効率的にやっていけるようなカリキュラムを組んでいるところがあれば、それは素晴らしいと思うのですが、残念ながら難しいと思います。
こういったことは本人が日常的に常にアンテナを張って、貪欲に取り込んでいかなければならない。「本人の日常生活の姿勢」にかかっているんです。学校のカリキュラムでフォローできるようなものではないと思います。

授業で一時間二時間教えたところで、あるいは一週間やそこらの課題を出したところで、とうてい身につくものではありません。
よほど優れた講師が、マンツーマンで指導すればどうかわかりませんが、大学や専門学校で、とてもそんなものは期待できないです。
なお、これは漫画絵以外のイラストでもほぼ同じことが言えます。
※元々小学生なみに下手な人が、中学生レベルくらいになれることはあるかもしれません。でも専門学校に行く年齢でそんなことをしていても、どうせプロにはなれないので、専門卒業したあとどうしようもなくなります・・・。

なので、逆に言えば「漫画絵を学べる学校や学科」というのは、あまりアテにならないと思っていいです。
本来、教えられないはずのものを教えると言ってお金をとっているわけですから。
漫画やイラストの学科や専門学校が、たいていどこもボロクソに言われて評判が悪いのはこのせいもあると思います。
学校のカリキュラムが悪いというより、「もともと、そういうものを学校で教えること自体にムリがある」んです。

私は「(どうしても習いたいなら)美術の先生か美大用予備校に習う+独学」
これで十分だと思います。
これも逆に言えば、「独学で上達できない人は、どんな学校に通っても上達できない」ということでもあります。

もしも、今は上手じゃないけれど、美大とか専門学校に行けば上手にしてもらえる、と思っている人がいたら、すぐに考えを改めて、今すぐ独学で実力を上げるようがんばってください。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://tomangamichi.blog.fc2.com/tb.php/110-a6791ec6
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。