--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.24

■「漫画」を描こう

自称漫画家志望者の多くが、なぜか漫画を描いたことがありません。
絵の練習ばっかりしていたり、キャラの設定ばっかりつくっていたり、ストーリーは「考えているだけ」だったり・・・。

なぜ漫画を描いたこともないのに、漫画家になれると思い込んでいるのか、さっぱりわかりません。
また、なぜ「漫画家志望」といいながら、漫画を描こうとしないのかも、さっぱりわかりません。

私は漫画家志望ではないのに、ただ好きだという理由で漫画を描いていた人間でしたので、いざ漫画家を目指そうと思ったとき、漫画を描かない漫画家志望者の多さに驚いたものです。

絵だけ描いていたいなら、作画家かイラストレーターを目指すべきです。

キャラやストーリーを考える「だけ」なら誰でもできます。



漫画家は「絵が描けて、キャラを作れて、ストーリーを考えられて」・・・その先が重要なのです。


「漠然と考えているアイデアや設定やストーリーを、具体的なエピソードに落とし込んでキャラをたて、起承転結のストーリーを作り、全体の構成をし、演出方法を考え、ネームをきり、画面構成を考え、背景からモブまで一コマ一コマすべてに絵をいれ、すべてペン入れし、トーンを貼り、効果を描き、せりふや擬音を入れ、最終修正まで終えて、完成原稿の形にする。」
それが「漫画を描く」ということです。

「漫画を描く」ことができなければ、どんなに絵が描けても、面白いアイデアやキャラを思いつけても、漫画家にはなれないのです。

当たり前でしょ?当たり前ですよね?
でも、なぜかこれをわかっていない人が多くて、私は困惑しています。

漫画の形にすることもできずに、「絵は練習している」「面白いアイデアがある」「ストーリーはもうできている」など、ドヤ顔で言う志望者がいますが、痛々しいことこのうえありません。最低でもネームの形にしてからモノを言いましょう。




そして、これも当たり前のことですが、「漫画を描く」のは自分でやろうとしない限り、いつまでたってもできません。

当たり前すぎるほど当たり前・・・・しかし、このことをわかっていない志望者はけっこういます。

では、そういう志望者はいったいどうするつもりなのかと言うと、自分から積極的に動かなくても、いつか大人になるにつれて、自然に周囲がお膳立てしてくれて、自然に漫画を描けるようになるんじゃないか・・・という意味不明の漠然とした期待をしている…ようです。

「時期がきたら、(多分自然に)描けるようになる(はず)」といった感じなんでしょうか?小学校を卒業したら中学生になれるような感覚なのでしょうかね。

ちなみに、こういう人が漫画を一作も描いたことがないのに、漫画専門学校に入ろうとするような人です。「自分でやる」という考えがないんです。危険です!

漫画家なんて二十歳前後から二十代前半がデビューの旬ですよ。(最近はもっと遅いデビューもありますが、早い方がいいです・・・いろんな意味で)
あんな、特殊技能を要する特殊な仕事で、二十歳前後でプロになろうと思ったら、中高生くらいからどんどん踏み出さないと絶対間に合わないですから。時期はとっくにきてるんです。

漫画を描くという作業は、かなり大変な作業です。特にまったく慣れていない第一作目は、それは大変だと思います。
それなりの意志をもって踏み出さない限り、「自然に」はできるようなことではありません。

…というか、自然にできるような人は、中高生くらいではすでに「自然に」やっているものです。私ですらそうでしたもん。
漫画家になるような人の大半は、実はそういうタイプなんですけどね。漫画が好きで好きで、気づいたら当たり前のように漫画を描いていたというような人です。

このブログを読むような年齢で「自然に」できてない人は、これからただ待っていても自然にできるようになんてなりませんから、意識的に踏み出してください。

間違っても専門学校に行けば描けるようになるなんて思わないでくださいね。そんなことしていたら手遅れです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://tomangamichi.blog.fc2.com/tb.php/64-0c172ae6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。