--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.03

お話の構成要素と考える順番


私は漫画を構成する大きな要素として、設定、キャラ・エピソード、ストーリー、テーマの5つがあると思います。

そのうち、どこから考えても自由です。設定からの人、キャラからの人、エピソードやシーンからの人、毎回違う人、いろいろです。
最終的に面白いものにさえなっていれば、どこからどんな方法で作ってもいいので、正しい方法論はありません。

ただ、どこから考えるにしても、実際に作成してゆく上では、キャラとエピソードを中心に考えていくのが良いと思っています

設定や、ストーリー、テーマも当然重要なのですが、「設定だけが優れている漫画」や、「テーマだけはすごい漫画」というものは、漫画としてはあまり面白いものになっていないと思います。
しかし「キャラとエピソードだけが優れている漫画」というものは、それらに比べると、格段に面白い漫画になっていると思います。

なぜなら、漫画の面白さを読者に伝える役割をするのがキャラだからです。
読者はキャラと、キャラがおりなすエピソードをもって、その漫画の面白さを知ってゆきます。
いくらテーマやストーリーが優れていても、うまく読者に伝わらなければ意味がありません。
ですので、漫画を表現する「主体」としてのキャラは、とても大事なのです。


もちろんキャラとエピソードが良いのに、テーマが破綻していたり、ストーリーがわけがわからなかったり・・・という漫画もなくはないですが、キャラとエピソードを上手に作れる人は、正直あとはけっこうなんとかなります。
逆にこれがダメな人は、他がすばらしくても、漫画家としてはかなり厳しいと思います。


個人的な考えですが・・・(そりゃこのブログは全部個人的な考えですが)

?キャラ…漫画全体を表現してゆく「主体」
?ストーリー…漫画全体の「大きな外枠」
?設定…キャラやストーリーを魅力的に見せるための「土台」
?エピソード…キャラを表現し、ストーリを紡ぐ、「漫画全体のひとつひとつの材料」
?テーマ…漫画を組み立てる上での「中心軸」


という感じでとらえると、考えやすいような気がします。
詳しくは別に説明します。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://tomangamichi.blog.fc2.com/tb.php/73-7d22cc1e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。