--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.11

まず、どうしたらいいの?

漫画を描いてみたい、と思ったけど何をどうしていいかさっぱりわからない方…は、とりあえず以下のようなことをしてみたら、なんとなくわかってくると思います。

1.ネットで「漫画家志望」「漫画家 なり方」「漫画家 基礎」などで適当に検索してみて、出てきたサイトをかたっぱしから読みまくる

今はいいです。ネットというすばらしい情報源があります。中高生のみなさんなら親が契約してるから無料でしょう。すばらしいです。
ちょっとでもわからないことや疑問に思ったことは、とにかく検索してください。
そして、何でもとにかく読んでください。
質問サイトなどでたまに、「いっぱいありすぎてわからないので役に立つサイトを教えてください」なんて質問があるんですが、本気で漫画家を目指すって人間が、最初からそんな「ラク」をしようとしないでください。
というか、はっきり言って「ラク」をしたい人間は漫画家には向いてないです。決してラクな仕事じゃないですから。
「漫画のためならどんな苦労も苦労じゃないよ!」という人しか基本的には向いてない仕事です。

まあそういう精神論とは別に、「いろいろ調べて広く情報をとったうえで、情報を自分で取捨選択してゆく」という作業は決してムダになりませんので、とりあえず時間がある限りいろいろ読んでみてください。

2.大きめの本屋で、「漫画の描き方入門」みたいな本を立ち読みしまくり、気に入ったものを買う。

今は小さめの本屋でもこういう本売ってるかもしれません。
あと、学校の図書館や市の図書館にも意外とこういう本は置いてあったりします。
買うとけっこう高いので、買えない方はまずそういうところをあたりましょう。

まずは無料で自宅で調べられる1.をやったらいいと思いますが、次の段階としては、やっぱり本がいいです。
というのは、やっぱりネット上の情報というのは私もそうですが、結局素人の片手間とかそういうレベルの情報が多いからです。
そりゃプロがちゃんと作った本の方がわかりやすいに決まってます。
あと、本の方が図解や実際の漫画での例をたくさん載せていますので、わかりやすいです。
手元において、いつでも読めるのもいいですね。

これもまた、「おすすめの本を教えてください」という質問があったりするのですが、これもできる限り自分で読んで探してください。
どうしても地元の本屋にはまったくそういう本がない、という場合は、いきなり通販で買って失敗するとショックなので、あらかじめネットなどで質問して調べるといいと思いますが。


なお、私が読んでいた本ですが、残念ながら昔すぎて題名すら不明です。おそらく絶版になっているものと思われます・・・。

今現在手元にある本については、この記事で紹介しています。


こういう本はけっこうお高いので、ちゃんと自分で納得のうえ買うといいと思います。


ネットであれこれ調べ、本をたくさん立ち読みし、気に入った一冊を熟読しまくったら、多分何をしていいのか、少しはわかると思います。

なお、このあたりのことって、漫画を描くことに興味がある子なら、多分小学生くらいにはすませてることです。
私は別に漫画家志望ではなかったですが、興味があったんでしょうね、小学4年生くらいのときにはいろいろ読んで漫画の基礎くらいは知ってました。(当時ネットなんてなかった・・・)
今高校生くらいで、このへんから始めようとしている方はかなり乗り遅れているので、焦ってください。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://tomangamichi.blog.fc2.com/tb.php/84-bc9092a9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。